求人サイトで

私は、高校卒業後に歯科衛生士の養成学校に入学しました。
どうして歯科衛生士を志望したのかというと、収入が安定していて、長く働くことができる仕事だと思ったからです。
学校ではともだちも出来ましたし、授業も真面目に出席し、国家資格も無事取ることができました。
そして、就職活動をすることになったのですが、この頃から、なんだか働くのが急にイヤになったのです。
働き出したら、もう何もできないような気がして・・・。
そして、周りの友人達がどんどん就職先を決めて行くなか、私1人だけ海外留学をすることに決めました。

アメリカでは3年ほど留学しました。
現地で1年ほど経過した頃でしょうか。
突然歯が痛くなって、近所の歯医者さんに行くことになりました。
そこのスタッフはもちろん全員アメリカ人だったのですが、一人だけ日本語が少しだけ話せる歯科衛生士がいました。
なかなか上手く症状を伝えられない私に、必死で日本語を話しかけてくれたり、英語のフォローをしてくれました。
そのサービスにかなり感動して、「私も日本に帰ったら、外国人の患者さんが来たときに助けてあげたい」と思うようになりました。

帰国してからは、求人サイトを利用して就職活動を始めました。
求人サイトにはたくさんの求人が出ているんですよね。
その中から、都心のほうにあるクリニックの求人が目につきました。
なぜなら「外国人の方もいらっしゃいます」という文字があったからです。

今は、そのクリニックで働いています。
たまに外国人の方がいらっしゃるのですが、その際にフォローしてあげるとすごく喜んでくれるんですよ。
これからも歯科衛生士としてさまざまな患者さんのフォローをしてあげたいと考えています。






What's New

2013/02/16
最新記事3を更新。
2012/11/16
最新記事2を更新。
2012/04/09
最新記事を更新。
2011/09/20
予防を更新。
2011/09/20
歯磨き粉を更新。
2011/09/20
最新記事を更新。
2011/09/20
正しいハミガキを更新。
2011/09/20
求められる条件を更新。
2011/09/20
歯科衛生士求人と年収の関係を更新。
2011/09/20
ホームページリニューアル
最新記事 | 歯科衛生士求人と年収の関係 2011年12月05日